メインイメージ画像

無謀でない資金計画を立てよう!

だんだん歯科開業が現実化してきたときに、正確な資金計画を画策することが必要とされます。無計画な資金計画は、そのまま倒産になります。慎重で詳しい資金計画を考えましょう。
資金計画には歯科開業時に必須となる設備費と現実に医院を行う時にいる運用資金関係費とに大別して考察する必要があるのです。いくら借入可能かではなく、いくら返せるかを気にとめて無謀でない資金計画を立てましょう。


設備投資については、医療設備を借りる等少しでも低く少しでも安価にするためには効果的です。運営費に関しては、社員ではなく、パートという形で募集をするのも予算を低くする有効な方法だと思われます。

新規に病院を開業する時には、立地条件が成功するポイントと言えます。人の通りもさほどない地域で医院を開業しても、すぐに閉まってしまう有様は目に見えています。立地条件として、最小限人の通りが多く見られる必要が生じます。

家の多い地域や大学、企業などが近くにあることが理想だと思われます。
一方、特に歯科等は長い期間通院することが見込まれます。そのような理由で、、公共交通機関を使用しやすいかなどの項目が立地条件として考察されます。
前述以外にも、テナントなどで開業を考えている皆さんは、行きやすいところにあるかどうかも考慮する必要性が生じると考えられます。非常に高層階の病院は来訪しにくいと予想されます。